「楽天ポイント運用」と「楽天証券ポイント投資」の違い

未分類

楽天ポイントを使って投資ができるサービスが「楽天ポイント運用」と「楽天証券ポイント投資」の2種類あります。

楽天ポイント運用の特徴

元手はポイント・利益もポイント

楽天ポイント運用は、通常の楽天ポイントが元手になります。

投資専用の「運用ポイント」という別のポイントに交換します。この「運用ポイント」は投資信託に連動して増えたり減ったりします。

1000ポイント預けて、1500ポイントに増えた時に、通常の楽天ポイントに戻せば500ポイント得したと、なるわけです。

その1500ポイントでお買い物をすることもできます。

期間限定ポイントは、運用ポイントに変換できません

手数料がかからない

この運用の良いところは「手数料がかからない」ことです。

通常投資といえば、必ず手数料がとられます。特に投資信託の場合は、管理手数料や運用手数料やと、チビチビ手数料をとられていきます。

ポイント運用は、疑似投資なので既にある投資信託の価格データだけ使っている状態です。運用にあたってのこまかな手数料はとられないのです。

実際には投資をしない疑似投資体験

楽天ポイント運用は、実際に投資をするサービスではありません。楽天証券が運用している投資信託の金額を参考にしているだけのサービスです。

だから、楽天ポイント運用をしていてもどこかの株に投資しているとか、どこかの国の債権を買ったりすることは絶対にありません。

そのため、金融取引をしていないから税金もかからないわけです。

楽天証券ポイント投資の特徴

元手はポイント・利益は現金

楽天ポイントを楽天証券内で投資信託の購入に使えます。現金と組み合わせてもいいし、ポイントのみで投資することもできます。

投資自体も、100円から投資できるので、100ポイントあれば投資できちゃいます。

投資で得た利益は、現金で引き出すことができます。

  • 期間限定ポイントは、使えません
  • 他社サービスから楽天ポイントに変換したポイントも使えません

運用手数料や税金がかかる

楽天証券ポイント投資の場合は、本物の投資なので手数料や税金がとられてしまいます。

税金についてはNISA口座をつくって、その中で運用することで免除を受けることもできます。

使える口座の種類
  • 一般口座
  • 特定口座
  • NISA口座
  • つみたてNISA口座

それでも、ポイント運用との違いは「手数料」で差が出てきてしまいます。

取引にかかる費用
  • 「買付手数料」:ファンドによって異なる。
  • 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なる。
  • 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なる。

本物の投資・SPUの対象

楽天証券の投資は本物です。

たとえ100円であっても、実在の会社や国に自分のお金を投資することになります。

また、SPUの対象にもなるので、ポイント投資をしていると、お買い物するときのポイントがいつでも+1倍つくようになります。

使っていないポイントはそのまま寝かしたら損

ほったらかしのポイントがあるなら、どちらの投資でもいいのでやってみないともったいないです。

ポイントは楽天が決めたサービスなので、いつまでサービスが続くかわかりません。極端な話、「あしたからポイントやめますね」と楽天が発表したら、ためてたポイントもなくなります。

そういう意味では、楽天証券の投資信託に積み立てるのが個人的にはおすすめです。

ただ、増えたお金を楽天でのお買い物に使うのなら、ポイント運用でポイントを増やしたほうが、手数料がかからない分お得になります。

増やしたお金やポイントをどう使うかも、どちらで投資するかの判断基準になります。

さっそく、手持ちのポイントがいくつ残っていたかな?とチェックしてみてはどうでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました